施設関係の皆様へ

  • HOME
  • 施設関係の皆様へ

施設担当者様・ケアマネージャー様へ

メディカルボックスでは、地域医療サービスの向上を目指し、
薬剤師の在宅訪問、施設訪問に力を注いでいます。

有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、
グループホームといった介護施設における

  1. 入居者様の薬学管理についてのご相談
  2. 看護、介護職員の負担軽減についてのご相談
  3. その他

お困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

株式会社メディカルボックス

メディカルボックスの配薬システム

メディカルボックスの配薬システム

薬剤師が介入することでのメリット!その①(薬学管理についての例)

その①(薬学管理についての例)

ご入居者様の状態に寄り添った処方になるように尽力します。
薬剤師が定期的に施設を訪問し、ご入居者様の体調など確認します。
粉砕調剤など、ご入居者様にとって最善の服用方法を検討したり、
        お薬の整理や処方提案など主治医に積極的に行います。

ASAP

ご入居者様の体調急変、医師の処方に素早く対応します。
お薬を施設のスタッフが薬局に急いでもらいに行くのではなく、薬剤師が施設までお届けし、説明します。
休日や夜間も対応しています。

薬剤師が介入することでのメリット!その②(看護、介護職員の負担軽減の例)

その②(看護、介護職員の負担軽減の例)

ご入居者様の薬のセット、管理を薬剤師が引き受けます。
施設のご希望に沿うよう、お薬の保管・管理について提案します。
1包化はもちろん配薬カート、お薬ケース、お薬カレンダーへのセットを薬剤師が行います。
看護、介護スタッフのお薬に関与していた時間が大幅に削減され、その時間を入居者様のケアに充てることが可能になります。

その②(看護、介護職員の負担軽減の例)

薬剤師が介入することでのメリット!その③(よくある相談の一例)

その③(よくある相談の一例)

衛生材料や栄養剤、誤嚥予防のトロミ剤などお薬以外の相談にも対応します。
健康食品から栄養剤、衛生材料などお薬以外についても各店お取り扱いがあります。
お薬との飲み合わせなど確認しますので、安心して購入できます。